スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日が綺麗すぎると

20060922184240
君をさらって

どこか

おいしい風を

感じられる場所へ

行きたくなる。

叶わない望みだってのは

わかっちゃいるけど
ただ

無性に

そう思ったんだ。

なんつって。

昨日はFきゃんぷ1号車3班に混じり、くるーじんぐツアーでした。

りょーと、くろちゃん、みっちゃん、みっちー、あすか、ありがとう。

しかも偶然1班とも会いました♪

船も良いもんだね。
で、浜松町からの帰り道、前方に東京タワーが…。

とりあえず下まで行ってみた。

スポンサーサイト

祭りの後の感傷と、みんなへの感謝

「F」キャンプが終わった。

参加者約140名。

スタッフ33名。

170人以上で、

キャンプ場を丸ごとつかって、

創り上げた二日間。

心の真ん中を揺さぶられる、

超濃密で、超楽しい時間が、

そこにあった。

今の気持ちを、あらわす言葉はうまくでてけーへん。

約1年前、こーじと出逢い、その後、なかし、こりんと4人で立ち上げた

「想いをカタチに」する場、「F」。

今まで、たくさんの人に助けられて、「F」はここまで来た。

第一回イベント時から、時に場を盛り上げ、時に企画を立て、

「F」を、一緒に創ったかっちゃん。

今年の4月から、代替わりスタッフとして精力的に関わってくれた、

けんすけ、ゆみこ。

今回のキャンプで、ありえへん程の行動力を爆発させてくれたよっちゃん。

そのほか、数え上げたらキリのないほどの、みんなのチカラで成り立ってきたのが、「F」。

「F」は、俺に色んなことを教えてくれた。

「F」は、俺に色んな感情を与えてくれた。

「F」は、俺にたくさんの大事な出逢いを与えてくれた。

そこで出逢った仲間は、

みんなでバカやった時間は、

俺の一生モンの宝だ。

ほんま、みんなに感謝してる。

心の底から、ありがとう。




だけど俺は、

そんな、大好きでたまらへん「F」から、

離れてみることにする。

自分の気持ちとまっすぐに向き合った時、

自分の世界を変えてみたくなったんよ。

今の毎日に不満があるわけじゃない。

いつも、自分は恵まれていると感じてる。

いや、恵まれすぎている。


「F」を創ったコト

誰よりも多くの人を呼んだコト

ホームページを創ったコト

いくつか企画を立てたコト

そんなコトに、たいした意味はない。

けど、そのコトを含めて、

俺っていう人間を判断してくれる人がいる。

ありがたいけど、そこに慣れてもーたらダサいやん。

今後、

「F」で俺が企画を立てたり、

前に立って声を張ることは、

もうないだろう。

だけど、誰かの想いがカタチになった時、

俺は心踊らせて、楽しみに参加させてもらうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。