スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかまた

えらく個人的な文章。
今週一週間、何度も書いては、アップするのをためらい、消してた日記。

日曜日、父方の祖父が逝った。

けど、涙が出ない自分がいる。

悲しさを感じない自分がいる。

残されたおばあちゃんの気持ちを想像するときだけ、胸が苦しくなる。

それはおかしいことかな?

おかしくないと自分なりに納得するために、本音を書く。

雰囲気に流されて悲しむんは、不誠実な気がする。

じいちゃんのことは、好き。

けど、じいちゃんと会うことを自分の優先順位一位にしてなかった。

生きることは何かを選び、何かを捨てることだと感じてる。

明日、誰が死ぬかわからない。自分が死ぬかもしれない。

だから悔いのないように毎日を生きてる。

自分の気持ちは、ちゃんと相手に伝える。
それがハッピーなものなら。
相手がプラスの気分になるなら。

したいことは全部する。

今月のあたま、じいちゃんに会った。会いたかったから。話したかったから。

自己満足かもしれない。

だけど、人の気持ちを推し量ることには限界がある。

俺は精一杯、人と真摯に向き合いながら、自分の心の声を聞いて生きる。

さよなら、じいちゃん。また、あっちで会おう。

今までありがとう。
安らかに。
スポンサーサイト

COMMENTS

先日はありがとう。

いんぢゃない?
残された者の気持ちを考えられるココロを持っているのなら。
それはそれでとても素敵なことだと、あたしは思う。
悲しむことは義務ぢゃない。
でも、周りに流されるまい、と肩肘はることもない。
・・・すべては、君の思うままに。

Aへ

ありがとう。
Aのそーゆー優しさに救われるわ。
なんや文章がまとまらんくて、支離滅裂な日記やねんけど、書きたくてさ。
読んでくれてありがとう。
また、大阪でゆっくり話そうぜ。うちのY君をあんまいじめんなよ。

先生、質問です!
Yは名字ですか?名前ですか?(笑)←もう既にイジメだな。
いじめるな、ねぇ・・・考えときますw

文章なんて、そんなモノ。
読み手によっても変わるモノに、明確な結末はいらない。

ふらっと訪ねるから、膝枕してねww(ごろニャン♪)

良い子にしてたらな

かまってやろう。
ってか、実名だしちゃった笑。
うーむ、あなたの文章力に脱帽です。
ま、Yが帰国した時には宴じゃ。

生きることは何かを選び、何かを捨てることだと感じてる

この言葉、心に突き刺さりました。
今の私は、選ぶ事ができない弱さゆえ、選べないでいることがいくつかあります。
そんな、自分にちゃんと選べ!!って、言ってくれた気がしています。

もりぞーの素直な気持ちを言葉にできるところ好きだよ♪

感じる気持ちに、おかしいも何もないと思う。
それが真実には変わりないから。
おかしいおかしくないなんて、他人の評価のなかでしか言えない事だと思うよ。

出会えた事などに感謝できれば、それはいいんじゃないのかな。
雰囲気に流されて悲しむ事こそが、おじいちゃんに対して嘘の接し方で、失礼なんじゃないかな。

もりぞーはもりぞーなりに、きちんとおじいちゃんに
お別れできたんじゃないのかな。

私は、おかしくないと思うよ。

自分の気持ちをきちんと発言できる勇気、それが素敵☆
それは、もりぞーの強さ、そして優しさだと思う☆

読んで正直まじで感動しました。名前は出せないけど勇気をもらいました、ありがとう。

俺も伯母を亡くした時がそんな感じだったな~。突然死だったから、昨日まで元気だった人だったから、亡骸と対面しても実感がわかなかったんだと思う、今から思えば。悲しいとも感じなかったし、涙も出てこなかった。妙に毅然としてた。たった一人の姉を亡くした母が嘆き悲しんでるのを見るのが一番つらかったな。母が取り乱してたから、余計にしっかりしなきゃと思ったところもあったと思う。

お世話になった、高校のときの化学の先生の通夜の時も泣けなかった。周りがわんわん泣いてるのに自分は泣けなくて、「俺おかしいのかな?」って思った。ただ、翌日学校で行われたお別れ会の時には自分でもびっくりするくらい泣いちゃって、あれは不思議だったな。

感情はリクツで割り切れないものだからね。どうしようもないことだよね。「生きることは何かを選び、何かを捨てることだと感じてる」俺もこの言葉は引っかかったね。俺も、正直嫌な事や苦手な人もいるわけで、選んでしまう自分に「自分って嫌なやつだな~」って感じることもあるけど、感情のままに生きていくには、仕方のないことなんだよね。

俺も分かんね。

あたしも去年もう最愛すぎる祖母をちょうど
この時期なくしたけど、”最愛に比例する涙”
は流さなかったよ。

朝、電話で母が、おとさーんて叫んで、おばあちゃん亡くなったって!
って、言った時、悲しいのと同時に自然に受け入れることができた。

自信を持って祖母のことが大好きだし、祖母も私を大好きだったと言えるから。
父と母との小さい頃の思い出より祖母としか出かけなかったしね。

だから、もりぞーの考えも感情も、当たり前で自然で間違っていない
ことなんだと思うな。

毎日泣いたってさ、おじちゃんが嬉しいわけじゃないんだから。
そんなことしなくたって、二人には二人の関係があるんだから。

ゆうへ

えらそうなこと言いつつ、捨てることを怖がって選べない時期が長かったけどね。自分の心と向き合うことからずっと逃げてたから。けど、やっと覚悟が出来た。それは、今まで出会った全ての人のおかげです。
ありがとう、ゆう。

こりんへ

絶対的な肯定をありがとう。
すごく元気がでる。
こりんの素直なトコ、素敵な笑顔、すごく助けられたよ。Fのことでまだまだからむ機会があるし、もっと仲良くなれると思う。それが、楽しみ。
これからも、よろしくな。
ありがとう、こりん。

匿名さんへ

俺の自己満足に過ぎない駄文にお付き合いくださいありがとう。
もし、ひとかけらでも元気が湧いてくれたら、すげーうれしいよ。
もし気が向いたら、mayowazuikeyo-satosi@ezweb.ne.jpにメールでもくださいな。m(_ _)m

こうへいへ

うーん、自分だけやないよな。
なんか安心したわ。ありがとう。
ほんま、身近な誰かの死は考えさせられるよな。
普段から考えればええんやけどさ。

気持ちのままに生きることはキツいことやけど、自分の気持ちを殺して何かをしても、ロクな結果にならんと思う。自分の行為が誰かを裏切らんなら、行動しながら考え続ける覚悟を決めてお互い素直に生きようぜ。

こうへい、ありがとう。

しょうへ

ざ・シンプル!
それがあなたです。
ほんま、わからんことがいっぱいで、毎日飽きひんわ。
陸部忘年会の企画頼んでええかな?日にち決めたら教えてちょ。出来る限り帰省します。

すごいよサトシさん!

せっかくレスありがと!
しかし、全て文字化けして
読めませんわー><

もっかいできればよろしくです♪

もーりーへ。

ありえへん。再アップ。

実はもーりーがコメントくれたって勘違いしてて、探しては、ないないないゆーてました。
したら、コメントを頂けたよーで。
想いは通じるってやつやね(>_<)
それはともかく、優しいコメントをありがとう。
もーりーの言葉にはいつも、すごい深い優しさを感じるねん。ちゃんと言葉を選んでるってゆーか…。
「最愛に比例する涙」じゃなかったってトコ、すごくいいなぁって思いました。
とりあえず1ヶ月以内に飲みに行くぞ!予定を空けるべし。

遠方、愛知の森からコメントありがとう><

褒められると普段はテンパって髪抜けますが
今日は、晴れてご機嫌なので素直に嬉しいです★
ありがと。

予定なんていくらでも、うにでも・・・空けます★
大学吉祥寺だし、いつでも呼び出し可。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。